ゴータイランド

プーケット・バンコクを中心にタイに行くならゴータイ

孤児院ボランティア

タイのアントン県にあるサーケオ寺院は『子捨て寺』とも 呼ばれていて、現在は、0〜16歳までの約1,500人の子供 達を育てている。一切政府の援助は受けず、NGOの支援先となっています。子供達が成人になった時、自立出来る様、各種の職業訓練を受けさせているが、生徒数が多いのと、指導者不足で満足いく教育が出来ていないのが現状。そのボランティアの指導者を募集しています。車の修理、バイクの組み立て、日本語教師、英語教師、裁縫、琴、マーケティングなど出来る事を指導すれば 十分です。

≫ここがポイント

・一般の方が参加可能なボランティア活動
・世界中の人達が集まってくるので、様々な国の人との文化交流が出来る
・治安・気候・環境が良いので、生活しやすい
・週末は休日を取れるので、プライベートな時間も確保できる

≫校長よりコメント

やる気と情熱のある方でしたら、大歓迎です。日本への関心を持っている子供が多いので、日本の文化や言葉を是非、教えて下さい。

≫環境

バンコク郊外にあり、周りは遺跡や田園に囲まれていて、とてものどかです。広大な農園ではお米、野菜など 自給自足をしています。

≫スケジュール

日程 場所 スケジュール 食事
1日目 バンコク バンコク空港着後、現地係員がホテルへ送迎
チェックイン後、自由行動
夕食×
2日目
バンコク
アントン
ホテルにて朝食
午前:アントン県へ移動し、コーディネーターによる滞在中のオリエンテーション(約2時間)
12:00ワット・サーケオでの昼食
午後:ワット・サーケオ学校の生徒との交流(日本の歌や折り紙、羽子板、
お手玉、剣玉を教える等文化交流をお勧めします)
19:00ホストファミリーと夕食
朝食○
昼食○
夕食○
3日目

5日目
 
アントン アントン ホームステイ先で朝食
午前:ワット・サーケオにてボランティア活動
12:00ワット・サーケオでの昼食
午後:ワット・サーケオにてボランティア活動
19:00ホストファミリーと夕食
朝食○
昼食○
夕食○
6日目
アントン
バンコク
ホームステイ先で朝食
午前:ワット・サーケオにてボランティア活動
12:00ワット・サーケオでの昼食
午後:ワット・サーケオにてボランティア活動
夕方:現地係員が空港へ送迎
 朝食○
昼食○
夕食×

≫ボランティア施設データ

 施設名  ワットサーケオ
 立地条件  バンコクより車で1.5時間
 創立日  -
 総生徒人数  約1,500人
 総教師人数  約15人
 教室数  約40室
 日本人カウンセラー  なし

≫含まれるもの

・ボランティア活動手続き費用・募金費用
・宿泊費
・食事(全食事付)
・往復送迎(空港−宿泊先間)日本語ガイド付
・コーディネーターによるオリエンテーション(到着日)
・24時間緊急対応システム

≫宿泊データ

 宿泊名  学校寮
 部屋タイプ  1名1室または2名1室
 トイレ  あり(共用)
 シャワー  あり(共用)
 アメニティグッズ  なし
 キッチン  あり(共用)
 冷蔵庫  なし
 バルコニー  なし
 ベッドメイキング  なし
 ランドリーサービス  なし

≫プログラム参加条件

・20歳以上の健康で明るい男女
・英文履歴書
・最低1週間以上、ボランティア活動出来る方
・英検2級程度以上の語学力ある方
・異文化を受け入れる柔軟性と理解しようとする積極性

≫料金(単位/日本円)

期間 催行人数 料金 催行日
5泊6日 1名様参加 89,100 随時
2名様参加 72,000
12泊13日 1名様参加 110,100 随時
2名様参加 93,000
19泊20日 1名様参加 131,100 随時
2名様参加 114,000
28泊29日 1名様参加 158,100 随時
2名様参加 141,000

≫体験談

20歳 女性 職業:学生 渡航時期:2010年02月
とにかくやってよかった!たくさんの子供たちと触れ合って、遊んで、笑顔が見れて、言葉も全く分からなかったので何もしてあげられなかったけれど、多くのことを学んで、たくさん成長できました。
★今後の参加者へのアドバイス★
とにかくタイ語の指差し会話帳は絶対に必要です。子供たちは全員タイ語で話しかけてくるので無いととてもつらいです。積極的に話しかけたり、お手伝いさせてもらったり、自分から動いてください。絶対に笑顔で優しく対応してくれます!

20歳 女性 職業:学生 渡航時期:2009年12月
ワットサーケオの孤児院に行ってきました。英語もタイ語も話せないので少し不安を抱えて向かったのですが、子供たちの優しい笑顔に出会ったらそんな不安はどっか飛んでいっちゃいました。言葉はわからなくても子供たちとのコミュニケーションは取れるものですね♪
幼稚園生の授業から高校生の授業まで色々な授業に参加したり、1000人以上の子供たちの食事の配膳を手伝ったり、放課後に子供たちと遊んだりと毎日があっという間に過ぎていきました。先生が作ってくれる食事も、食堂のおばちゃんが作ってくれる食事もとても美味しくて、おもわず食べ過ぎてしまいました。ボランティアをしに行ったのに逆にたくさんのエネルギーをみんなからもらっちゃいました。来年もまた行きたいっ!今度は、子供たちに日本語を教えたいと思います。

20歳女性 職業:学生
ワットサーケオの孤児院に行ってきました。英語もタイ語も話せないので少し不安を抱えて向かったのですが、子供たちの優しい笑顔に出会ったらそんな不安はどっか飛んでいっちゃいました。言葉はわからなくても子供たちとのコミュニケーションは取れるものですね♪幼稚園生の授業から高校生の授業まで色々な授業に参加したり、1000人以上の子供たちの食事の配膳を手伝ったり、放課後に子供たちと遊んだりと毎日があっという間に過ぎていきました。



Copyright All Rights Reserved GN International Co.,Ltd